読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ojdbc14.jarとojdbc14_g.jar

OracleXEには、この2つのjarがついている。
どっちも中身は同じ構成なので、なんとなく「g」がついている方が
強そうなのでこっちを使おうかと思っていたら、違いがあるのを発見した。


http://www.oracle.com/technology/software/tech/java/sqlj_jdbc/htdocs/jdbc_readme9201.html

OracleLog
Significant increase in the number of methods that include calls
to OracleLog. Also, you can enable OracleLog tracing by setting
system properties. Set oracle.jdbc.Trace to "true" to enable
tracing. Set oracle.jdbc.LogFile to set the name of the trace
output file. If this is not set trace output is sent to
System.out. OracleLog tracing is only available in the debug
classes files, classes111_g.*, classes12_g.*, and ojdbc_g.jar.

gドライバにして、システムプロパティ「oracle.jdbc.LogFile」をtrueにすると、ドライバ実行のトレースが取れる模様。


にしても何の「g」だろう?素直にojdbc_debug.jarとかでもいいと思うんですが。