読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

知っ得納得Webフレームワーク 第2回

フルネスさんの会場をお借りして、Webフレームワークのセミナーを開催しました。
id:shot6さんがT2、私がSpringMVC、id:yone098さんがYonex(仮)を発表しました。

前回は、前日にディスクが逝き、泣く泣く代替PCで発表となったため、今回は新MacBookを購入し、KeyNoteで資料を作成し、これでだめならこの業界やめる位のノリで会場に着きましたが、新しくなったMacBookRGB出力アダプタをつなぐ口が小さくなっていて、持っていたの旧MacBook用アダプタが利用でずプロジェクタにつなげない事が確定してしまい、


「これはもう あれかもしれん」


などと思い、パニクった私の頭にはなぜか「愛しさと切なさと心強さと」のサビの小室パートが流れましたが、後から来たid:shot6さんがMacBookKeyNote入れて持ってたので、ひとまず事なきを得ました。


内容としては若干まとまりきらない感じでしたが、聞いてくれた皆様ありがとうございましたm(_ _)m
スライドを置いておきますので、よかったら参考にしてください。

SpringMVC
View SlideShare presentation or Upload your own. (tags: java)


若干補足で利点をあげておくと、@RequestMappingを

@Controller
public class CommonController{

  @RequestAttribute("/common/login.do")
  public String login(){
     return "login.jsp";
  }
  @RequestAttribute("/common/logout.do")
  public String logout(){
     return "logout.jsp";
  }
}

というように、クラスにアノテーションをつけないでメソッドだけにつけることで、ログインやログアウトなどの共有処理を持ったクラスをつくれたりする点があります。
通常の画面は1つのHandlerと対にしておいて、共通部分はまた別のHandlerで一括で受ける、というような感じにしておくと分かりやすかったりします。


懇親会では、id:taichitaichiさんとid:cero-tさんに「お前は半年いや2年遅れとる」「SSDとか慌てて買ってハゲワラ」とDisられ、キムキムさんに「カタヤマンて私の本とか読んでなくて人としてどうなんですか」とDisられ、本当に大変な思いをしましたが、前回お会いした方(ATSのイケメンとか)とも話が出来ましたし、フルネス古川さんのありがたい話を聞けたし、id:kaiseh先生に来て頂けたので、また生きたい行きたいと思いました。


次回も別のフレームワークを題材にして開催します。また次回は、ちょっとしたディスカッションなども行いたいと話しています。
お時間ある方は奮ってご参加いただきたいと思います。