読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

TweetするたびEC2インスタンス増えるね

AWS Java

春の全国勉強会巡業のまっただなかのJAWS-UGですが、皆様いかがお過ごしでしょうか。


京都でも、4/15に@さん@さんが中心となり、JAWS-UG勉強会が開催されました。
東京からはid:shot6id:yone098と私で参加し、私はAWS SDK for Javaについて発表をしてきました。



発表内容

タイトル「AWS SDK for Java」とそのまんまの内容です。

デモ

せっかく京都に行くので何か興味が沸くようなデモをと思い、流行のCMに便乗したデモを作成しました。
コンセプトは





ということで、Twitterでつぶやくとインスタンスが増えるというデモです。
Twitter4Jを使用して@のアカウントを監視して、あいさつが来た時にAWS SDK for Javaを使ってインスタンスを起動するという仕掛けです。


あいさつによって実装を変えてあり、起動するOSが変わります。
また「さよなライオン」の場合は、ランダムでインスタンスを停止させます。


皆様の協力のお陰で、Twitterのタイムラインもいい感じに埋まり、


見事に仲間が増えました。


発表直前に「まさか京都じゃこのCMやってないとかないよな?」と不安になりましたが、そんなことはなく無事終えることが出来ました。


デモのソースですが、ここにありますので興味があれば使ってみて下さい。
Eclipseプロジェクトになっているので、インポートすれば動かせると思います。
必要なのはAWSのアクセスキー・シークレットアクセスキーと、TwitterのID・パスワードです。
デモではTwitterのStreamingAPIを使用しましたが、このAPIはユーザータイムラインにアクセスするにはOAuthが必要ですので、アップしたソースはパブリックタイムラインを見るように修正してあります。
(パブリックタイムラインをランダムで取れるsample()メソッドは未だにBasic認証が使えますので、試すにはこちらの方が簡単です)

最後に

交流会中のLT大会がかなり盛り上がり、AWSについていろいろな意見が飛び交っていて、なかなか熱い感じでした。
勉強会の後も天一本店に行くことが出来ましたし、翌日は朝からお勧めのラーメンを2杯食べ、さらに@さんにみやげ物セレクトに付き合ってもらい、大満足の遠征となりました。
久々にid:cero-tの生存が確認できたのもよかったです。
また今度もお邪魔したいと思います。関係者の皆様ありがとうございました。