読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

EC2のシンガポールリージョン

EC2

シンガポールに新しいEC2リージョンが出来たそうです。

http://aws.amazon.com/about-aws/whats-new/2010/04/29/announcing-asia-pacific-singapore-region/

AWS is excited to announce the launch of its first Asia Pacific Region in Singapore. Starting today, Asia Pacific-based businesses and global businesses with customers based in Asia can leverage AWS’s cloud infrastructure platform to build their businesses and run their applications. The new Singapore Region launches with multiple redundant availability zones and is currently available for Amazon Elastic Compute Cloud (Amazon EC2), Amazon Simple Storage Service (Amazon S3), Amazon SimpleDB, Amazon Relational Database Service (Amazon RDS), Amazon Simple Queue Service (Amazon SQS), Amazon Simple Notification Service (Amazon SNS), Amazon CloudWatch, and Amazon CloudFront. For Singapore Region pricing, please see the detail page for each service at: http://aws.amazon.com/products

EC2、S3に加え、RDSやCloudFrontなどフルセットそろったリージョンのようです。気合入ってますね。


ということで、早速インスタンスを起動して、レスポンス速度を計ってみました

インスタンス起動

起動は他のリージョンと同じで、AWS Management Consoleから行います。


Asian Pacific(Singapore)というのが追加されてますね。
ひとまずDebian+最小インスタンスで起動しました。起動方法は他のリージョンと変わりません。

Apacheインストール

カリフォルニアリージョンが出来たときのエントリと同じ条件で計るため、起動後に、Apache2をインストールしました。


Apache起動後、計測用に30Kbyteぐらいの画像を載せます。

計測

測定にはabを使用し、10クライアント100リクエストで測定しました。
回線はUSENです。


結果はこちら。

Document Path:          /tetsu_out.png
Document Length:        29994 bytes

Concurrency Level:      10
Time taken for tests:   4.324 seconds
Complete requests:      100
Failed requests:        0
Write errors:           0
Total transferred:      3027700 bytes
HTML transferred:       2999400 bytes
Requests per second:    23.13 [#/sec] (mean)
Time per request:       432.414 [ms] (mean)
Time per request:       43.241 [ms] (mean, across all concurrent requests)
Transfer rate:          683.78 [Kbytes/sec] received

Connection Times (ms)
              min  mean[+/-sd] median   max
Connect:        1    3   2.3      2      11
Processing:   394  419  18.8    415     458
Waiting:      387  400  11.3    398     437
Total:        395  422  19.2    419     460

Percentage of the requests served within a certain time (ms)
  50%    419
  66%    425
  75%    439
  80%    443
  90%    455
  95%    456
  98%    458
  99%    460
 100%    460 (longest request)

何度か試しましたが、大体このような結果です。
US-EASTとWESTについては、こちらを参照して下さい。


転送レートですが、比較するとこのような感じになります。

US-EAST(バージニア US-WEST(カリフォルニア AsianPacific(シンガポール
277.04 445.01 683.78

(単位はKbytes/sec)

バージニアの倍以上、カリフォルニア比で5割増しぐらいの転送レートになっています。優秀ですね。
SFTP経由の大き目のファイルのアップロード/ダウンロードやターミナルでの操作などを行ってみましたが、体感でも速さを感じることが出来ました。


レイテンシについては、id:rx7さんがpingで計っておられますので、そちらを参考にすると良いと思います。
http://d.hatena.ne.jp/rx7/20100429/p1
ちなみに、私のところでpingを実行すると、大体平均75msぐらいで返ってきます。

でも、お高いんでしょ?

インスタンス自体は、EUやカリフォルニアに近い感じです(一部インスタンスはEU/カリフォルニアよりも高い)
あと転送料金が他と比べて3割ぐらい高くなっています。


とはいえ速度などを考えると、十分選択肢にあがるかと思います。
少なくとも、私の環境では大きな速度向上が見込めるため、今後は積極的に使って行きたいなと思っております。